自宅以外の病院などでお亡くなりになったケースだと、

故人様を寝台車

(通常は病人や高齢者をストレッチャに載せたまま移送できる車のことであるが、

葬儀では病院等で亡くなった場合に自宅等に移送することを主たる目的とした車のこと。

式場や火葬場への移送にも使える。

通常の寝台車は旅客運送用、死後用いるのは貨物運送用で霊柩車に分類される。

一般にバン型霊柩車という)

でご自宅若しくは安置施設などへお連れしてご安置します。

寝台車
ご自宅でお亡くなりになってしまったケースでは、

葬儀担当者がお伺いし、

ご自宅で葬儀を行うのかどうかをご相談し、

ご自宅で行うケースでは枕飾りを設けて、

いつ弔問客が来られても良いようにお仕度いたします。

故人様のご安置、枕飾りについてのイメージ

別の場所で葬儀を行う場合は、

安置施設に移すか

ご自宅で安置をするかお話しして決めます。

まずは故人様を安置することが先決です。
安置をしてから葬儀プランや葬儀業者を選ぶことも可能です。

いったん安置だけしたい場合もお電話ください。

すぐに寝台車を向かわせます。

故人様のご安置、枕飾り

安置施設のご紹介やご相談もしています。

仏式

故人様を清めた後、薄い敷布団一枚に清潔なシーツをかけ、

掛け布団は軽く薄手のものにし、

故人様を北枕か西枕にご安置いたします。

 

枕飾り(死後、遺体を安置した後に、遺体前を荘厳(しょうごん)すること。小机に白布をかけ、香炉を中央に、向かって右に燭台(ローソク)、向かって左に花立ての三具足を供える。このほか浄水や白いご飯(または団子)を供えたりすることもある。浄土真宗ではご飯などは供えない。)

小机か小さなテーブルに白い布をかけて水、ローソク、

香炉、おリン、一輪差しの花かしきみの設置を行い、

(以上の物は葬儀社がお支度いたします)

 

ご飯を新しく炊き故人が生前使用していたお茶わんに山盛りにして箸を立てます。

 

 

なお、お団子も上新粉等で作って小皿に盛り付けてお供えいたします。

守り刀は故人のお顔に刃を向け無いようにして胸の上か枕元に置きます。

(葬儀社でお支度いたします)

枕飾り

神式

北枕または部屋の上手(入口から見て右側)に頭を向けてご安置し、

胸の上か枕元に刃を故人に向けないようにして守り刀を置きます。

灯明をつけて生前好んだ食物と洗米、塩、水をお供えいたします。

キリスト教式

北枕、小机の習慣はございません。
枕元に十字架や聖書、花などを飾り付けします。

キリスト教葬儀

 

喪主と世話役

喪主はお亡くなりになられた方の血縁でもっとも近い方、

またはその家を代表する方がお務められる事が一般的です。

ご夫婦のケースでは配偶者、配偶者が亡くなっている時はご長男、

ご次男の順、お子様がいなかったり幼いケースだと親やご兄弟が務められます。

葬儀の進め方や事務処理を戸惑うことなくする為にも、

葬儀世話役を決めておかれると安心できると思います。

喪主

葬儀の日時

火葬は死後24時間以降と法律で定められています。

担当葬儀社と相談の上、葬儀の日時が明確になりましたら、

親戚、近所、友人、知人、勤務先等へ迅速に告知します。

(目上の方でも電話連絡で失礼にはあたりません)

葬儀の連絡

宗教家(寺院・神社・教会)のお手配

仏式で葬儀を行う場合、菩提寺(先祖代々の墓をおき,葬式や法事を行う寺。檀那寺。)の僧侶にご足労いただくことが一般的ですが、

遠方のため来られないケースもあれば、

どこにお願いしてよいかわからないケースではお寺様のご紹介をいたします。

神式やキリスト教でのご葬儀の場合もご相談下さい。

宗教者の手配

葬儀式場選び

 

葬儀の大きさや内容毎に、

式場の選択肢は異なってきます。

会葬者の人数やほかにもいろいろな状況次第で、

ご自宅や集会所のほか、

公営や民間の葬祭場、町屋斎場や寺院の斎場をご案内します。

葬儀式場

ご納棺

一般的にお通夜よりも前にご納棺するのが慣習ですが、

ここ数年即座にご納棺を行うケースがあります。

このとき、旅仕度をし、

故人が愛用していた物などを一緒に納めます。

なお、ご納棺時に準備するものは葬儀担当者にご相談ください。
神式・キリスト教式のケースでも個々の行儀作法で執り行います。

無宗教式にあたってはとりわけ決まった行儀作法はございません。

納棺
お通夜

祭壇を飾り付けお棺を祭壇にご安置が済んだら、

お通夜を執り行います。

お通夜は、ご遺族ご親族、故人と親しかったご友人・知人が集い、故人の冥福を祈ります。

お通夜の開式は18時か19時が多く、

30分~1時間位の読経がございます。

席次は、祭壇に向かって右側がご遺族席、

お棺に近いほうから喪主、ご遺族、

ご親戚と血縁の濃い順番になり、

ご夫婦は連れ立って席につきます。

祭壇に向かって左側は世話人、故人の恩人や先輩、

会社の上役、職場関係、ご友人、知人が着席いたします。

なお、部屋の都合などで、

座席は多少入れ換えてもさしつかえ無いと思います。

読経が始まり、ご焼香に入ります。
ご焼香が終りご導師が退場したら、閉式になります。

地域が違っても異なってきますが

閉式時には喪主かご親族代表が

会葬者へ感謝の挨拶をして終わります。

弔問客への通夜ぶるまい(通夜の法要の後の会食のこと。かつては通夜に会葬者に飲食を振る舞うことが死者の冥福に貢献すると考えられ振る舞ったことからきている。)として、

食事やお酒等でおもてなしを行ないます。

お通夜
葬儀・告別式の打ち合わせ

弔辞・弔電奉読、親族代表のお礼を誰にするか決めます。

ご遺影、お棺を持つ人を決めます。(お位牌は喪主が抱えます)

火葬場へいらっしゃる人のご確認と車の予約をします。

どの車にだれが乗るのかまで決定しておくと、

ご出棺の時スムーズにご発車できます。

精進落とし(精進明けに,普段の生活に戻る際に肉食・飲酒などをすること。)の料理を手配します。

葬儀打ち合わせ

葬儀・告別式

定刻10分前位には着席いたします。
席順は式場で行う場合はお通夜とほとんどのケースで違いはありませんが、

ご自宅葬につきましては焼香客への答礼のため変えるケースがあります。

一般焼香客の焼香エリアのすぐそばで、(葬儀委員長)、喪主、ご遺族、世話人が着座いたします。
定刻になったらご導師が入場し、読経が始まります。

導師焼香の後、喪主、ご遺族、ご親戚と血縁の濃い順番に焼香し、弔辞、弔電奉読の後もう一度読経があり、

一般焼香に移っていきます。(宗派により手順が大なり小なり違ってきます)

ご焼香が済みましたら、ご導師が退場し、

お別れの準備をいたします。

葬儀告別式
お別れ・ご出棺

支度ができ次第、故人がお好きだった物をお納めし、

お花でお顔の回りやお体の回りをお飾りし、

最期のお別れをしていただいた後、

お別れの儀式を終わりにします。

(地域によって、血縁の濃い順に石で軽く1~2回釘打ちをするケースもあります。)

会葬者へ喪主またはご親族代表がお礼を申し述べた後、

お棺を霊柩車(遺体を納めた柩(ひつぎ)を運ぶ車。)にご安置して、

火葬場へ足を運ばれる方は車に乗ってご出発いたします。

別れ花 出棺

初七日と精進落とし

火葬場からお帰りになりましたら、後飾りの祭壇にご遺骨、

お位牌、ご遺影をご安置し、初七日の設置を行います。

 

初七日は、正しくは亡くなった日を入れて七日目に行っていますが、

ご親族に遠方から来ていただいているケースでは、

全員集まっている葬儀当日の帰骨後に行うことが多くなりました。

 

最近では式中初七日(本来は、亡くなってから7日目に行うのが初七日法要で、簡略化され、火葬後に葬儀場へ戻り行う初七日法要が一般的になっていますが、さらに繰り上げて、葬儀とともに行われるのが式中初七日です。繰上初七日とも呼ばれています。)も増えています。

 

 

精進落としは、通夜以来、葬儀が終るまでお世話になった方へのお礼を含ませて、酒、食事、茶菓等を出し、喪主がお礼の挨拶をして労をねぎらいます。(ご遺族は末席に座って接待を行うのが慣習です)

初七日・精進落とし