故人の遺志を確認する

お葬式の準備を始める前に、故人の遺志を確認し、お葬式のおおまかな方針について家族や親族で話し合います。
遺言やエンディングノートに希望が書かれている場合はもちろん、生前、自分のお葬式はこんなふうにしてほしいということを聞いていたら、なるべくそれを実現してあげたいものです。
宗教によらないで行ってほしい、家族や友人だけでこぢんまりと見送ってほしい、なるべくお金をかけずに簡素にしてほしいという人は少なくありません。
お葬式は故人のために行うものなので、遺志を生かすことがいい供養になるでしよう。
家族だけで見送る場合は、故人と親しかった人への配慮を忘れずに。
友人、知人への連絡の仕方、お別れの機会を設けることなどについても、話し合っておく必要があります。

宗教を確認する

日本のお葬式の90%以上が仏式で行われ、残りは神道やキリスト教による施行です。
仏教でお葬式を営む場合は、自分の家の宗旨宗派を確認してください。
同じ仏教葬儀でも宗派により、進行やしきたりが違います。
故人と家の宗教が違ったり、同じ宗教でも宗派が違っている場合は、故人の遺志を尊重します。
ただし、菩提寺にお墓がある場合、故人の宗派や無宗教でお葬式を行うと、納骨を拒否されることがあります。
葬儀後の法要も、その宗派の方法で行われることになりますので、慎重に検討する必要があります。

お坊さん

喪主を決める

喪主はお葬式の主宰者です。
遺族の代表として、お葬式を執り行い、弔問を受けます。
故人とつながりが深かった人が務めるのがふさわしいでしょう。
夫婦なら配偶者が一般的。
子どもが務める場合、最近は必ずしも長男ではなく、長く世話をしてきた娘がなることもあります。
故人に配偶者も子どももいない場合は、親、兄弟姉妹などが務めます。
また、喪主はのちの法要で施主を務めます。

お葬式の規模を決める

お葬式の規模は、式場選びゃ葬儀全体の費用に関係してきますので、家族でよく話し合っておく必要があります。

故人の社会的な地位や交際の範囲、遺志、経済的な条件、家族の意向などがポイントです。
また、会葬者の人数は、式場の設営や会葬礼状、返礼品、通夜ぶるまいの準備などに関係してきますので、おおまかに予測しておきましょう。
みえを張って無理に大きなお葬式をするよりも、心を込めて故人を見送るお葬式にしたいものです。

お葬式の場所を決める

最近は、住宅事情や、近隣に迷惑をかけなくてすむ、手伝いの人手がいらないといったことから、自宅でのお葬式が減り、専用の式場として葬祭ホlルなどの「斎場」を利用する人が増えています。
それぞれの式場の特徴は下表のとおりです。
自宅以外は使用料がかかります。
行いたいお葬式ができるか、予定の人数が入るか、交通の便はどうか、通夜の宿泊ができるかなどで、式場を決めます。
近ごろは、お別れ会の形でお葬式を行うホテルも増えています。
交通の使がよく、駐車場の心配がなく、料理やサービスもよいのですが、遺体や遺骨が持ち込めないなどの制限があります。

日程を決める

お葬式の日程は、宗教者の都合や火葬場、斎場が使えるかどうか、遠方の親戚の到着時間などを考慮して決めます。
ただし、火葬は指定の伝染病以外は、死亡から24時間以上たたないと行えません。
一般的に、死亡した日は、家族や親族で通夜、翌日が一般弔問客の通夜、翌々日がお葬式と火葬という日程が多いようです。
家族や友人のみで葬儀を行う場合は、死亡した日と翌日は安置し、翌々日に葬儀、火葬を行い、2~4週間後にお別れ会とすることもできます
また、年末年始、友引の日は休業している火葬場が多いので、よく検討して日程を決めましょう。

葬儀日程

日時と戒名について相談する

遺体の安置がすんだら、僧侶を迎えて故人の枕元で枕経を読んでもらいます。
遺族は全員僧侶の後ろに座って、故人の冥福を祈ります。
この枕経から葬儀の儀礼がはじまります。
枕経が終わったら、僧侶の都合を聞いて通夜、葬儀の日時を相談します。
また、戒名について、いわゆる「ランク」やお布施の金額の目安のほか、何か要望や故人の遺志があれば、相談するといいでしょう。

菩提寺がある場合

菩提寺がある場合は、危篤に陥ったときに知らせますが、最近は遺体を安置する際に、僧侶が駆けつけてくれるとは限りません。
その場合、葬儀の相談は電話でのやりとりになったり、菩提寺まで出向いて行います。
本家の菩提寺が遠方で、お葬式を頼めそうにない場合も、まず、菩提寺に伺いをたてます。
菩提寺がもよりの同宗同派のお寺を紹介してくれたり、あるいは、「そちらでやってください」と言われることもあります。
そのときは、葬儀社紹介の僧侶に頼んでもかまいません。
ただし、そのお寺が、本家の菩提寺と同宗同派であることを確認してください。
そして、引き続き、本家の菩提寺と付き合っていくなら、戒名をつけてもらわずに、読経のみをお願いします。
戒名は、埋葬や法要のときに菩提寺につけてもらいます。

菩提寺がない場合

お墓もなければ、これまで付き合ってきたお寺もないという場合は、本家の宗派に合わせるなどの親族間の慣例がなければ、自分の好きな宗派の僧侶に来てもらってかまいません。
葬儀社は地元の寺院の情報に詳しいことが多いので、アドバイスを受けるのもいいでしょう。
ただし、この場合も「読経のみ」の僧侶を紹介してもらうのがおすすめです。
戒名をつけてもらうと、檀家・菩提寺の関係を結んだということになるからです。
お葬式のあと、寄付などの檀家としての付き合いについて十分考慮し、そのお寺を菩提寺にしてもよいと思ったら、戒名をつけてもらえばいいでしょう。
十分な時間をかけて、菩提寺としてふさわしいお寺を探すことが大切です。

葬儀社紹介の場合

どこのどんな寺院の僧侶を紹介してもらえるのか確認しましょう。
なかには、僧侶が葬儀社の社員という場合があるからです。
この「社員僧侶」には、葬儀社が持っている宗教法人で養成されるなど、僧籍を得た経緯に問題がある人もいます。
もし、葬儀社からもらったうような聞き方で、了解を得るといいでしょう。

見積書に「お布施」とあったら、そのようなケースも考えられますので、注意が必要です。
また、葬儀社紹介の僧侶には、お寺を持たない僧籍者、いわゆる「マンション坊さん」もいます。
なかには、地方の寺の次男、三男が「OO寺別院」として都市部で活動している場合もあり、いちがいに、これが悪いということではありません。
また、本山などの大寺院に勤めているお寺を持たない「サラリーマン僧侶」という場合もあります。
お寺を持っていないと、埋葬や法事まで責任を持ってくれるのか心配になります。
すべては、その僧侶の人間性の問題になるのですが、利用する側の考え方しだいで、このようなお寺のない僧侶がよいこともあります。
たとえば、お寺と菩提寺・檀家の関係を持ちたくない場合は、年忌法要などの墓前勤行には、霊園が委託している「そのときだけ」の僧侶にお願いする方法もいいでしょう。
いずれにしても、お葬式のときには、時間も気持ちにも余裕はありません。
最近は菩提寺と檀家の関係が非常に薄くなっていますが、自分の家の宗派ぐらいは確認しておくといいでしょう。
礼拝する本尊や経典、仏摺一の肥リ方、焼香作法、戒名、数珠の持ち方などが違います。
自分の宗派についてわからないことがあれば、お寺に直接聞いてみるのがいいでしょう。

お寺